ゲームUI/UXデザインの情報発信サイト

ゲームUIデザインやバナー制作の外注・依頼を受け付けております
  • HOME
  • >
  • テクニック
  • >
  • ゲームエフェクトで使える集中線(サンバースト)の作り方(Photoshop編)
ゲームエフェクトで使える集中線(サンバースト)の作り方(Photoshop編)

ゲームエフェクトで使える集中線(サンバースト)の作り方(Photoshop編)

2021年3月13日

ゲームエフェクトなどで使用する集中線(サンバースト)ですが、毎回作り方を忘れるので、備忘録として記録することにしました。

今回は、Photoshopでの作り方になります。

ゲームエフェクトで使える集中線(サンバースト)を作る方法

Photoshopですが、

  • カンバスサイズ:1000×1000(px)
  • 解像度:72
  • 背景色:白

に設定します。

黒(透明度100%:位置80%)→黒(透明度0%:位置30%)のグラデーションを上から下に引きます。

黒(透明度100%:位置80%)→黒(透明度0%:位置30%)のグラデーション設定

グラデーションの設定は下記の通りです。

黒から半透明のグラデーション設定

次に、「フィルター」>「変形」>「波形」を選択します。

設定値は下記の通りです。

波形の設定

適用すると、下記のようになります。

波形の見本

次に、「フィルター」>「変形」>「極座標」を選択します。

設定値は下記の通りです。

極座標の設定

適用すると、下記のようになります。

極座標の見本

最後にグラデーションを設定して、背景色を暗めにしてみます。

青色のグラデーションと黒背景の見本

グラデーションの設定値も、おまけでのせておきますね!

青色のグラデーション設定

せっかくなので、ゲームらしいアイテムと文字をのせてみました。

これで完成です!

ゲームテキストとアイテムアイコンを追加して完成

フィルターの「波形」や「極座標」の各設定を少し変更するだけで、色々な形の集中線(サンバースト)が作れるので、ぜひ試してみてくださいね!

ゲームUIデザインやバナー制作などのご依頼はこちらへ
お問い合わせ
または、会社サイトからお問い合わせください。
2clue合同会社のサイトへ