ゲームUI/UXデザインの情報発信サイト

ゲームUIデザインやバナー制作の外注・依頼を受け付けております
ゲームアイコン風のイラスト素材で簡単に質感を表現する方法

ゲームアイコン風のイラスト素材で簡単に質感を表現する方法

2020年12月5日

ゲーム風のアイコンなど、多少デフォルメされたイラストを描くときの質感の表現方法についてご紹介します。

描きこみは少なくても、ひと工夫加えるだけで、質感を表現でき、それっぽさが伝わるアイコンになるかと思います。

ゲームアイコンのイラストで質感を表現する方法

今回は、「木」「石」「金属」を取り上げてみました。

ゲームアイコン風のイラスト素材で簡単に質感を表現する方法

「木」については、木目部分をどう表現するかが重要です。

サンプルのイラストでは、横幅が違う線を引いているだけですが、木目だと認識させるには十分かと思います。

「石」については、ゴツゴツしている部分や欠けている部分の表現を追加すると、らしく見えます。

欠けている部分は少し凹んでいるので、暗めの色で描くと良さそうです。

また、欠けているフチの部分に、明るめの色(白に近い色)を少し入れると質感がぐっと上がります。

「金属」については、光が反射して光沢感があるように見せるために、斜めに明るめのラインを入れると、らしく見えます。

サンプル画像は、形状はすべて同じですが、色や模様、光や影の入り方などを変えることで、物の質感を表現しています。

ゲームアイコンなどのイラストは、画面上で小さく表示されることが多いため、ディテールは省略されることが多いですが、一手間加えることで、物の質感を表現でき、それっぽさを演出することが可能です。

少ない書き込みで、物の質感を表現できるようになると、更にデザインが楽しくなりそうですね〜!

ゲームUIデザインやバナー制作などのご依頼はこちらへ
お問い合わせ
または、会社サイトからお問い合わせください。
2clue合同会社のサイトへ