• HOME
  • >
  • DESIGN
  • >
  • 副業で始めたストックイラストの収入を報告します
副業で始めたストックイラストの収入を報告します

副業で始めたストックイラストの収入を報告します

2019年10月16日

ちょっとしたお小遣い稼ぎをしたい・・・そんなときに出会ったのがストックイラストです。けれど、どういったサイトでどのくらいの労力をかけて投稿すれば良いのかなど全く知らない状態でした。

じっくりと計画を立てるよりまず動け!の精神でスタートし、はや4ヶ月が過ぎたので、結果報告をしたいと思います。

はじめに選択したストックイラスト投稿サイトは5つ

イラストを投稿しているサイトは、下記の5つになります。

  • PIXTA
  • Adobe Stock
  • ShutterStock
  • iStock
  • 123RF

利用者が比較的多いサイトで、知名度があるという理由で、上記5つを選択しました。

また投稿サイトの数が多くなるとアップ作業の負担が増えるため、初めは3〜5サイトくらいに絞ると決めてスタートしました。

ストックイラストの収入を大公開

2019年6〜9月の4ヶ月間の収入報告になります。

下記は、ストックイラストサイトにアップした枚数になります。ちなみに、イラストは各サイトすべてに同じ内容のものをアップしています。枚数が若干異なるのは、審査が通らずに却下されたからです。

サイト名 投稿数 DL数
PIXTA 39 11
Adobe Stock 39 1
ShutterStock 38 22
iStock 39 6
123RF 39 1

上記、トータルの収益は、1250円でした。金額だけ見たら、低い!!って感じですよね(笑)。ただし、アップした枚数が少ないので数が増えていけば、また違った結果になるかもしれません。

余談ですが、ストックマテリアルという無料素材サイトを公開していますが、そちらのアドセンス収益の方がよっぽど高いです。

副業としてストックイラストを選ぶべきか

副業としてストックイラストをオススメできるかというと・・・難しいかもしれません。特に、私のイラストの作り方は横展開で枚数を楽に増やしていける方法にしていないので、難しいです。

なので、色違いや配置違い、要素を足したり引いたりするなどで簡単にバリエーションが作れるものを考えて量産していける人であれば良さそうです。

個人的に本気でストックイラストをやるなら、下記を2年くらい継続するという強い意志が必要かなと思いました。

  • 各サイトで毎月100枚投稿する
  • 各季節でダウンロードされそうなモチーフを2、3ヶ月前には投稿する
  • ダウンロード数や売れ筋を調査して、何を作るかを戦略的に考える
  • ストックイラストの先駆者のブログやSNSから情報をもらい真似してみる

何が売れ筋かを調査して、時代にあったイラスト素材を提供できる人であれば、挑戦してみる価値のある副業ですね。

ゲームUIデザインやバナー制作などのご依頼はこちらへ
お問い合わせ
または、会社サイトからお問い合わせください。
2clue合同会社のサイトへ